【蔵元限定 純米HARUNOKURA 発売です】

 
今月は新商品がたくさんございます!
GWにぜひお越しくださいませ。
「純米HARUNOKURA」昨年も販売した、
お米袋にお酒を入れた、持ちやすい商品です笑
今回の名前は「HARUNOKURA」なので、
掛け紙は新緑の緑色にしました。
お酒は熟成した純米。
お燗にすると旨味が膨らみます、お燗オススメです。
熟成感のある旨味がどんときますが、辛口なので、
お料理にも、とても合わせやすいです。
お燗した「HARUNOKURA」を飲みながらのお花見。
良いと思います。
焼鳥(塩・タレ)、トロ、ハマチなどのお刺身、
土佐煮、すきやき、グラタン、ハードタイプのチーズ
と合わせてみたいですね。

■蔵元限定 純米 HARUNOKURA
□720ml:1,980円
□使用米:北海道産米 精米歩合:65%
□日本酒度:+2 酸度:1.8 アルコール:15%

室内の画像のようです
 

【「冬花火 滓がらみ」蔵元北の錦記念館で新発売です】

 
「純米大吟醸冬花火 滓がらみ」
火入れの冬花火に続き、生酒も蔵元北の錦記念館で発売となりました。
直売所では初めての販売となります。
バナナのような香り、でも口に含むと新酒らしい苦み、
次に旨味がきますが全体的には辛口で、
キレが良く、すっと消えていき、
そして、生酒な甘みが舌に残ります。
「滓がらみ」は、もちろんR3BYの新酒ですが、
記念館で販売している火入れの冬花火は、R2BYです。
ぜひ飲み比べも楽しんでみてくださいませ。
エビ、ホタテのお刺身・お魚のバター焼き
たけのこのチーズ焼き・菜の花と生ハムのパスタ
鶏肉のトマト煮込みなどと合わせてみたいですね。

■純米大吟醸 冬花火 滓がらみ
□1.8L:3,630円 720ml:1,925円
□使用米:吟風 精米歩合:50%
□日本酒度:+5 酸度:1.9 アルコール:16%

※「冬花火」のネット販売はしておりません。
 特約店様へお問合せくださいませ。
飲み物、室内の画像のようです
 

【「北斗随想直汲み」 蔵元北の錦記念館でも本日発売です】

 
しぼりたてのしかも直汲みによるピチピチとした口当たりを
楽しめないかという思いから生まれた「直汲み」
上槽後、中1日で瓶詰めを行い「ガス感」を極力残せるようにしました。
通常では味わえないフレッシュさを感じて頂きたいと思います。
「純米吟醸 北斗随想直汲み」
本日4/21から発売です。
今季から、こちらも蔵元北の錦記念館でも販売できることになりました。
限られた特約店様と直売所だけの販売、
本数限定品ですので、あっという間に完売になると
思いますので、どうぞお早目にお求め下さいませ。
口に含むともちろん、直汲みならではのぴちぴち感があります。
飲みやすく、生酒らしくないすっとした後味です。
お食事にも合わせやすい、ほどよい旨味が心地よいお酒です。
天ぷら(塩)、焼き鳥(塩)、カルパッチョ、
たけのこのバター醤油焼き、春キャベツと桜エビのパスタ、
などと合わせてみたいですね。

□純米吟醸 北斗随想直汲み(生酒・本数限定品) 
■720ml 2,160円(税込)
■使用米:吟風 精米歩合:45% アルコール分:16%
■日本酒度:+2 酸度:1.6

北斗随想販売特約店様→http://www.kitanonishiki.com/?page_id=405
(北の錦ネットショップでの販売はございません)
ボトル、室内の画像のようです
 

【今季の春ラベル、発売です。】

 
蔵元限定 純米大吟醸「四季彩 春」
今年も、四季シリーズのラベルで発売します。
今回は春の花。いろんな桜を、着物に見立てて散りばめました。
着物といえば、地模様。今回は紗綾形文様。
大きな数を表す模様がどこまでもつながる様子から、
家の繁栄や長寿が長く続くことを願う
「不断長久」の意味が込められています。
お酒は、今年生まれた新酒です。
なので、最初の口あたりがぴちぴち。
まだ苦みもあって、冷やして飲むとスッキリと、
飲み続けるとフルーティな香りと同時に、旨味も感じられるお酒です。
旨味甘みがあるので、少し冷しめの方がおすすめです。
とろ・ぶりのお刺身、牡蠣フライ、
キャベツとアンチョビのパスタ、
ブルーチーズのピザ、ラムレーズンのアイスクリーム
と合わせてみたいですね。
季節の限定品です、お早めにお求めくださいませ。

■蔵元限定 純米大吟醸 四季彩 春
□720ml 2,400円(税込)
□使用米:きたしずく 精米歩合:45% アルコール分:16%
□日本酒度:-3 酸度:1.7
 
 
 
 
 
ページの先頭へ