【限定 秋ラベル。発売します。】


「純米大吟醸 秋ラベル」発売致します。
「純米 夏ラベル」が、かなりのご好評をいただき、
完売となりました。ありがとうございました。
ですので、ちょっと早いですが、秋のラベル。発売致します。
こちらは、冷やしても、常温でも、ぬる燗でも美味しく召し上がっていただけます。
旨味もあり、飲みごたえがありますし、酸味があるので、お燗でもおいしいです。
またもうすぐ来てしまう、秋の夜長にお燗でいかがでしょうか?
冷やし中華、茄子の煮びたし、
あん肝、きのこのパスタ、
鮭やホタテのバター焼きレモン添え
と合わせてみたいですね。

■純米大吟醸 秋ラベル 記念館限定、1,000本限定品
□720ml 2,000円(税込)
□使用米:きたしずく 精米歩合%:45%
□日本酒度:+3 酸度:1.5 アルコール度数:16

『北の錦とお醤油を愉しむ会』の開催について

『北の錦とお醤油を愉しむ会』の開催について

お醤油を抜きにして和食は語れない存在です。

 そしてお醤油の醸造に使うお道具は、日本酒造りの
それと極めて似ていることから、双方は技術発展に
深く関与、貢献していった歴史があるのです。

 今回は、全国各地のお醤油(6種類以上)を同時に
比較し味わいながら、日本酒とお醤油の愉しみ方を
歴史や基礎知識を交えて皆さんと勉強していきます。
 
 昨年に引き続き、蝦夷の富士醸造の池下雄介氏と、
小林酒造のコラボ企画です。
 日本酒の肴となりうるお醤油の活用術もたくさん
ご紹介させて頂きますよ!

本日から申込み受付開始です。

とにかくお醤油はすごいんです!
お醤油と日本酒を同時に考えることで、より奥深い関係性が見えてきたりします。

当日、お披露目しそうなもの。
*醤油茶漬け
*日本酒と醤油と海苔の愉しみ方。
*日本酒と醤油とかまぼこの愉しみ方
*完成したお醤油汁(味噌汁ならぬ)
*講話『日本酒とお醤油はどう仲良く進化してきたか。(小林、池下)』

開催日 令和元年8月24日(土)午前10:40~
集合場所 蔵元北の錦記念館(小林酒造敷地内)
定員 25名 会費 2000円

申込み受付開始 令和元年8月1日(木)から

info@kitanonishiki.com

もしくは小林精志のfacebookのメッセンジャーから
お申し込みください。
(3日以内に返信なき場合は、必ず電話 0123-72-1001 
専務小林までご連絡をお願いします。)

【大古酒。発売します!】


毎日暑いですね。
暑いです。
ここ数日、暑い。しかでてきません笑
皆様もどうぞ体調に気をつけてお過ごしくださいませ。
本日、
「純米 大古酒 全麹仕込」
「純米 大古酒 玄米仕込」発売致します!
2006年に仕込み、13年寝かせた古酒です。
そして、全て米麹で仕込んだもの、玄米(精米歩合98%)で仕込んだものと、
挑戦的でおもしろい商品となっております。
もちろん、かけた時間の、厚みと重みのあるお味のお酒です。
全麹仕込は、
アイスクリームやかき氷にかけたり、麻婆豆腐や、ブルーチーズと。
玄米仕込みは、
豚の角煮や、鰻の蒲焼、熟成したチーズと合わせてみたいですね。

記念館限定発売、本数限定品となっております。
13年古酒。ぜひこの機会に召し上がってみて下さいませ。

■純米 大古酒 全麹仕込
□300ml 1,000円(税込)
□北海道産米使用 精米歩合:60%
□日本酒度:-21 酸度:3.5 アルコール度数:17%

■純米 大古酒 玄米仕込
□300ml 700円(税込)
□北海道産米使用 精米歩合:98%
□日本酒度:-10 酸度:2.8 アルコール度数:17%

【蔵元限定 夏ラベル。発売します!】


北海道神宮祭が終わったら、北海道は夏。
今日は生憎の雨ですが・・・
春ラベル。に続き、
涼しげな「夏ラベル」発売致します!
甘口で、キレイですっきり。
これからの季節、冷やして飲んでいただくのにぴったりです。
トマトをつかった冷たいパスタや、
冷やしトマトに玉葱をきざんだドレッシングをかけたもの、
ゴーヤチャンプル、
とうきびのかき揚げ、なんかと合わせてみたいですね。
本数限定品です。

■蔵元限定 夏ラベル
□720ml 1,500円(税込)
□使用米:彗星 精米歩合:60%
□酒度:-1 酸度:1.3 アルコール度数:15%

【炭鉄港 日本遺産認定記念大吟醸。発売します!】

<

この度、栗山町・小林酒造建造物群を含む、
12市町にある厚生文化財が、日本遺産認定されました!それを記念した、大吟醸を販売致します!
「炭鉄港(たんてつこう)」は、
近代北海道を築く基となった三都(空知・室蘭・小樽)を、石炭・鉄鋼・港湾・鉄道というテーマで結ぶことにより、
人と知識の新たな動きを作り出そうとする取り組みです。

小林酒造は、炭鉱で働く人々のためのお酒を造り、炭鉱とともに栄枯盛衰した蔵です。
このお酒も、「炭鉱で飲む酒」をイメージしたラベルとなっています。

酒度+3となっていますが、甘口のお酒です。
メロンなどの果物に生ハムやクリームチーズを使った前菜、
じゃがいも、枝豆などの冷たいスープ、
カポナータ、
出汁巻きたまご、
ナスの肉味噌炒め
と合わせてみたいですね。

限定で、なんと360本となっております、お早目にお求めくださいませ。

■「炭鉄港」日本遺産認定記念大吟醸
□720ml 2,700円(税込)
□精米歩合:45% 使用米:吟風 
□日本酒度:+3 酸度:1.6
□アルコール度数:16%

<

【一圓融合。】


これまで、コープさっぽろ様で販売していただいている
「純米大吟醸 一圓融合」を、期間限定で、記念館でも販売することになりました!
美唄市にある峰延地区で育った「きたしずく」100%で造られた純米大吟醸です。

「一圓融合」とは、二宮尊徳翁の言葉で、意味は
「万物は一つの円の中で、お互いに働き合い、一体になることで、初めて成果が現れる」
このお酒を縁にして、人と人とが繫がり、また新しい円が作られたら。という、
素敵な願いがこもっているお酒です。

甘口ですが酸味があるので、すっきり飲めます。
これからの暑い季節は、酸味があるお酒を飲むと、食欲がわきますよ。
今の季節ですと、
アスパラをゆでてマヨネーズをかけたもの、
クリームチーズに山わさびと麺つゆを合えたもの
豚冷しゃぶ(ごまだれ)
と、合わせてみたいですね。

■純米大吟醸 一圓融合
□720ml 2,500円(税込)
□精米歩合:45% 峰延産きたしずく100%
□日本酒度:-1 酸度:1.7
□アルコール度数:16%

【日本酒ゼリー。】

岩見沢にある「赤いリボン」さんで作っていただいている、酒ゼリー。新作ができました!
終売となった「秘蔵純米酒」にかわり、
岩見沢産「彗星」を使った純米酒「ゆあみさわ」を使ったゼリーです。
ちょっぴりアルコールが入ったオトナのためのデザートです。
甘味のなかに、ほんのりアルコールの苦み。
リピート率の高いお菓子です。
今までも販売していました、まる田・ろまんと、新しい、ゆあみさわ、
3個セットでの販売となっております。
それぞれ入っている銘柄が、もちろん違います。
ぜひ、新しいお味も、お試しくださいませ!

□日本酒ゼリー
■3個入 714円(税込)
■アルコール度数:1.5%未満
■季節限定品:春~秋までの販売です。

酒米「吟風」「きたしずく」、育っています。


今朝、後藤農場さんの
田んぼを観てきました。
1枚目の写真は「吟風」2枚目の、写真は「きたしずく」です。
お酒造りは米作りから。これからすくすく育って、
おいしいお米に、おいしいお酒になってほしいです。
田んぼをみると、安心します。
キレイで豊富な水がある。本当に素晴らしく、有難いことだと感じます。
1枚目の写真の奥、ちょっと小高いところには神社があるそうで。
神様に見守られている田んぼなんですね。
後藤さん、収穫まで頑張って下さい!

【令和の始まり。】

令和元年。新しい時代の幕開けを謹んでお祝い申し上げます。
敷地に咲く桜が、ほぼ満開になっていました。
改元と、桜の季節が重なったのは、華やかな感じがしていいですね。
北海道だけの華やかさ。
「令和」時代が皆様にとって幸せな時代になりますように。

【生純米吟醸 赤ラベル。】

本日は、もうひと銘柄、発売です。
関東限定販売の「生純米吟醸 赤ラベル」を、
記念館でも発売します!
こちらは、これからの季節に、冷やして飲むのにぴったりです。
酸味があるので、飲みやすく、お料理にも合わせやすいです。
アスパラにオリーブオイルをかけて焼いたもの、
トマトのパスタ、ピザ、
ナス、ししとうなどの夏野菜の焼きびたし、
生春巻きなどに、合わせてみたいですね。
BBQやお花見のお供にいかがでしょうか?

■生純米吟醸 赤ラベル
□1.8L 3,240円(税込)
□使用米:彗星 精米歩合:60%
□日本酒度:-1 酸度:1.9
□アルコール分16%

ページの先頭へ