甑倒しを迎えました。

2024年3月30日  |   イベント | お酒Topics | トピックス | 小林酒造からのお知らせ

昨日は「甑倒し」でした。
「甑(こしき)」とは、酒米を蒸すための桶のような蒸し器のことをいいます。
醪の仕込みが終わり、酒米を蒸すための甑が不要となり、
横に「倒し」て洗って片づけることから、「甑倒し」の名がきています。
この、作業が終わる「甑倒し」と、
造りが終わったので蔵人さんを労う会の「甑倒し」がありますが
昨日は労う方の「甑倒し」でした。
南杜氏から今季の造りについての説明と、
今年は、小林米三郎社長の黄綬褒章受章のドキュメントスライドショーも。
あと数本のタンクの搾りが残っていますが、
今季も無事に造りが終わりました。
そして、来月13日14日は、いよいよ蔵まつりです。
皆様のお越しをお待ちしております。
もちろん、蔵まつり限定商品もございます。どうぞお楽しみに。
 
1人の画像のようです2人の画像のようです2人、テキストの画像のようです
 
 
 
 
 
ページの先頭へ