【北の錦 オフィシャルファンブック2023 発売します】

 
発売日は、蔵まつりの4月8日。
まつり会場にて販売を開始致します。
北の錦の歴史、今、未来がわかる一冊です。
栗山英樹監督、四代目社長、五代目との対談も収録されています。
一冊 1,000円(税込)ですが、
蔵元北の錦記念館で使える10%割引クーポン、
錦水庵、小林家、restaurant pont、槽場のクーポンも付いた、
お得な一冊です。
(蔵まつりの後は、北の錦記念館にて販売致します。)
オールカラーで、見応えのある一冊になっております、
ぜひご購入のうえ、ご覧くださいませ。

 
 
 
 
 
インサイトと広告を見る
投稿を宣伝
 
すべてのリアクション:
3
 
 

明後日4/8・9はくりやま老舗まつりです。

 
4月8日9日は、4年ぶりになる、くりやま老舗まつり・蔵まつりです。
敷地内も空気感がかわってきました!
ここで、蔵まつり限定商品をご紹介いたします。
□純米うすにごり生酒 720ml 1,500円(税込)
□燗映え熟成純米 720ml 1,500円(税込)
□蔵まつり限定 純米大吟醸 720ml 2,500円(税込)
毎年大人気の、蔵まつりといえばの「うすにごり」
普段は販売していない、
「大吟醸山田錦古酒」720ml  1,500円(税込)なども
販売致します。
皆様のお越しをお待ちしております!
飲み物の画像のようです
 
 

【道産山田錦・純米大吟醸 加藤と山田と小林と。発売です】

 
おまたせ致しました!
以前新聞等で掲載されました、
道産山田錦で醸したお酒「純米大吟醸 加藤と山田と小林と。」発売です。
芦別「加藤」農場様で採れた初めての「山田」錦を、「小林」酒造が醸しました。
新酒なので、まず苦みとぴちぴちした舌触りがきて、
厚みがある旨味が口のなかにひろがり、ほどよい甘さを残してキレていく。
キレがあるけれど、味が濃く、くっきりとした酒質のお酒です。
焼牡蠣・カルパッチョ・トマトと大葉のポン酢合え
鶏肉とズッキーニのトマト煮込み、とうもろこしのバター醤油炒めなどと
合わせてみたいですね。
「北海道産山田錦」をどうぞ、お試し下さいませ。
本数限定、特約店様・直売所限定商品です、お早目にお求めください。

■純米大吟醸 加藤と山田と小林と。  (本数限定品)
□720ml 2,400円(税込)
□使用米:道産山田錦 精米歩合:45% 
□日本酒度:+1 酸度:1.6 アルコール分:16%

飲み物、室内の画像のようです
 
 
 

【5/8は母の日。】

 
5/8は母の日です。
今年も、母の日用のくびかけと、熨斗をご用意していますので、
プレゼントをご購入の際は、スタッフにお声がけください。
くびかけは3種類、熨斗は2種類ございますので、
お好みのものをお選びください。
母の日のプレゼントにオススメの銘柄は、
やはり華やかなラベルの
「純米大吟醸四季彩 春」2,400円(税込)と、
ピンクがかわいい
「純米吟醸 北斗随想 直汲み」2,160円(税込)です。
くびかけをかけたら、カワイイですよね??笑
お母様に日本酒をプレゼントして、
お話をしながら、一緒に召し上がってください。
もちろん、離れて住むお母様への発送も承ります。

 
 
 

【今季の春ラベル、発売です。】

 
蔵元限定 純米大吟醸「四季彩 春」
今年も、四季シリーズのラベルで発売します。
今回は春の花。いろんな桜を、着物に見立てて散りばめました。
着物といえば、地模様。今回は紗綾形文様。
大きな数を表す模様がどこまでもつながる様子から、
家の繁栄や長寿が長く続くことを願う
「不断長久」の意味が込められています。
お酒は、今年生まれた新酒です。
なので、最初の口あたりがぴちぴち。
まだ苦みもあって、冷やして飲むとスッキリと、
飲み続けるとフルーティな香りと同時に、旨味も感じられるお酒です。
旨味甘みがあるので、少し冷しめの方がおすすめです。
とろ・ぶりのお刺身、牡蠣フライ、
キャベツとアンチョビのパスタ、
ブルーチーズのピザ、ラムレーズンのアイスクリーム
と合わせてみたいですね。
季節の限定品です、お早めにお求めくださいませ。

■蔵元限定 純米大吟醸 四季彩 春
□720ml 2,400円(税込)
□使用米:きたしずく 精米歩合:45% アルコール分:16%
□日本酒度:-3 酸度:1.7
 
 
 
 
 

【山うにについて】

 
本日(10/2)の北海道新聞に掲載された、
「山うに」について、訂正がございます。
※小林酒造敷地内「錦水庵」と、
10/4に開店予定の直営店「槽場」(札幌市中央区南4西5)では
販売は致しません。
※小林酒造敷地内「小林家」のみの販売でございます。
皆様にはご迷惑をおかけ致しまして、
たいへん申し訳ございませんでした。

ページの先頭へ