【あらばしり。】


【あらばしり。】
あらばしり。発売です!
「あらばしり」は特別なお酒。
1年間、お待たせいたしました!
「あらばしり」ならではの味わいをお楽しみください。

■発送も承っております、
電話・FAX: 0123-76-9292(記念館直通)
メール:kinenkan@kitanonishiki.com
へ、ご発注下さい。

□生大吟醸 あらばしり
■720ml 3,087円(税込)
■使用米:吟風 精米歩合:45% アルコール分:16%
■日本酒度:+4 酸度:1.3

【瑞穂のしずく無濾過生原酒】

本日「瑞穂のしずく無濾過生原酒」発売致します!
苦味、酸味がきて、余韻として甘味が続きます。
昨年と比べて、まだお酒が固い印象なので、
あと1、2週間は置いていただくか、
温度を上げて召し上がっていただくのがおすすめです。
江別産の酒造好適米「彗星」のみを使用している
江別市のお酒なので、販売も江別市中心となっています。
酸度が1.9あるため、生酒ですが、すっきりと飲むことができます。
鯖缶とトマト水煮缶の煮込み
しめサバのサンドイッチ
あさりの酒蒸し
冬野菜を豆板醤で炒めたピリ辛炒め
ぶりの照り焼き、ぶりの胡麻衣揚げ
などと合わせてみたいですね。

本数限定品でございますので、お早めにお求めくださいませ。

■瑞穂のしずく 無濾過生原酒
□720ml 1,836円(税込)
□使用米:彗星100% 酒度:-2 精米歩合:60%
□アルコール度数:17% 酸度:1.9 アミノ酸度:1.3

【ウラモノ。】


2年ぶりの・・・。
                                                                        

 

                                     

                                                               
               
※生酒です。
※2,000円(税込)。
※本日28日から限定発売。
※ウラモノ故、店頭にはだしておりません。
※スタッフにこっそりとお申し付けくださいませ。

【雪まつり 地酒ショット&ボトル販売。】


今年も、雪まつり10丁目会場で、
北海道地酒ショット&ボトル販売所が開催されます!
観光客の方へのPRでもございますが、
ショット販売は、かなりお得ですし、
100円からありますので、
いろんな銘柄をお試しいただくには、最適です!
普段飲まない銘柄や、飲んでみたい銘柄をぜひお試しください!
ちゃんとおつまみもありますよ。
ぜひ10丁目会場へお越しくださいませ!

【山廃シリーズ終売のお知らせ】

この度、皆様にご愛顧いただいておりました「純米山廃シリーズ」を
誠に勝手ながら今月1月末にて、一旦終売とさせて頂くこととなりまし た。
ご愛飲いただいておりますお客様には大変申し訳ございませんが、
何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

お食事に合わせやすく、お燗にするとさらに旨味がふくらむ
「純米山廃」がお好きなお客様も多いと思います。
今月中は販売致しますので、どうぞお早目にお求めくださいませ。

■純米山廃 吟風 
1.8L : 2,268円(税込)  720ml: 1,296円(税込)
■純米山廃原酒 吟風・純米山廃原酒 彗星
1.8L : 2,700円(税込)

泡汁の会を8年ぶりに開催します!(満員になりました。)

1月20日開催の泡汁の会は満員になりました。

以下、泡汁の説明をします。
長い文章になります。
それでもキッチリ読んで食べたいと思った人は、お申し込み下さい。
開催は来週の31年1月20日(日曜日)、緊急開催です!

泡汁について
【お酒の発酵の途中、酵母菌の増殖ピークが過ぎた頃にタンクの縁には泡が付着して残っています。(これは通常、タンク内の衛生を保つために浄めて捨てられる運命の泡です。)
 ある日ある時、この泡を捨てるのはもったいないと考えた蔵人が、いつものまかないの味噌汁に溶き入れて滋養をプラスすることにピン!ときたのです。いうなればこれは10億匹以上と推定される彼ら酵母菌の踊り喰い。体が温まらない訳がない!そんなアイディアの上に泡汁は誕生したのです。

 泡汁の泡の正体は、活性化した酵母菌体そのものです。彼らは、よもや自分が温かい汁に投じられるとは、つゆも考えていませんでしたが、実はこの汁の温かさは彼らにとってはハワイそのもの、ぬくい環境に生活習慣がゆるみ、自身の体からバカンスの香りがじゃんじゃん放出される!そんなメカニズムにより、まかないの汁は、滋味溢れる旨味と野趣溢るる発酵アロマに包まれ、門外不出の蔵人料理に昇華するのです。

 最後に小林酒造に伝わる泡汁は鮭の三平汁をベースにしています。それは新潟にルーツを持つ当蔵の特色であり、その伝統の食文化が話題になり【ザ・鉄腕DASH!(日本テレビ)】のご当地スタミナ料理として紹介された事もあります。しかし、当蔵だけではなく全国のたくさんの酒蔵が人知れずご当地の泡汁を食している筈です。そんな奥ゆかしいお料理を、また違った角度からの蔵人体験として楽しんで頂ければとてもうれしいです。】

開催日 2019年1月20日(日) 10時45分~
集合場所 蔵元北の錦記念館
定 員 20名前後 会費1,500円

酒蔵は寒いです。
防寒(上着、カイロ)はしっかりお願いします。
お手ふき用タオル、飲み水をご用意下さい。
蔵見学があります。着衣、靴などの除菌に
ご協力ください。また朝食では納豆、乳製品の摂取を
お控えください。

お申込開始は1月11日(金)よりメール info@kitanonishiki.com
もしくは小林精志のfacebookのメッセンジャーからお申し込みください。
(3日以内に返信なき場合は、必ず電話 0123-72-1001 
専務小林までご連絡をお願いします。)

【酒粕販売についてのお知らせ】

いつも小林酒造の酒粕をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
酒粕の販売時期について、毎年多くのお問い合わせをいただきます。
日本酒の造りは、もちろん予定をたてて行いますが、毎年造りを始める時期、銘柄の順番も違いますし、
日本酒は生き物ですので、気候によってできる日もかわります。
日本酒と酒粕を分離させるしぼりをするかしないかは、当日にならないとわからないのです。
ですので、まだしぼりの少ない12月末~1月中旬までは、何日にできます、販売します。とお伝えすることができません。
はっきりと、販売日程をお伝えすることができず、たいへんなご迷惑をおかけいたしておりますが、
昔ながらの酒造りを続ける、小林酒造ならではの日本酒・酒粕の製造上の特質についてご理解いただき、どうかご了承くださいませ。

■酒粕価格について
普通粕   価格 463円(税込500円)
吟醸粕   価格 648円(税込700円)
大吟醸粕  価格 833円(税込900円)

<店頭販売について>
●当蔵は冬しか酒造りをしないため、秋の終わりから酒造りが始まりお酒が出来、しぼり、酒粕が出来ます。
ですので、現在店頭にて販売しておりますが、1月下旬くらいまでは、酒粕が出来次第の販売となり、
在庫が少なく、店頭に無い日・時間帯もございます。
この期間にいらっしゃる際にはお手数ですが、お出かけ前に在庫の有無を
お電話にて(記念館直通:0123-76-9292)ご確認をお願い致します。

●1月下旬頃になれば、酒粕の在庫数も増え、毎日何らかの種類は店頭にございます。
(※ご希望の種類の酒粕が無い場合もございます。こちらについても、お手数ですが
お電話にて(記念館直通:0123-76-9292)ご確認くださいませ。)

<発送について>
発送のご注文は1月4日から承ります。
記念館直通電話/FAX:0123-76-9292 へご注文くださいませ。
酒粕が製造出来次第の発送になりますので、お待ちいただく場合もございます。
どうかご了承くださいませ。
◆発送の目安としては、
吟醸粕→ 1月から出来次第、
大吟醸粕→ 2月から出来次第、
普通粕→ 3月から出来次第、順次発送となります。(発売時期は前後する場合もございます。)

◆全て代金引換便となります。
 送料・道内864円+代引き手数料309円=1,173円 + 酒粕代金 となります。
(※送料が昨年10月改定となり、540円から864円になりました。)
◆個数制限は無し。ですが、
◆発送料の改定のため、15kgまでが1個口となります。
 16kg以上は、2個口(送料・道内864円×2=1,728円+代引手数料309円=2,037円 + 酒粕代金 )となります。
◆代引手数料は、金額(送料含む)が3万円未満が309円、3万円以上が540円となります。
◆道外送料については、こちらをご確認ください。(時期によってはクール便をおすすめ致します。
≪送料改定表

あけましておめでとうございます。


謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
今年も、小林酒造のお酒が、皆様の癒しや、活力になるような
酒造りに邁進して参ります。
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

今日も蔵は、お陰様でいつもとかわらない風景でした。
今日から、弊社最高級35%精米の酒造りも始まります。

ページの先頭へ